トップページ > 歯列矯正に必要な歯の名前(解剖学的名称) > 歯列矯正に必要な歯の名称:永久歯(えいきゅうし)

歯列矯正に必要な歯の名称:永久歯(えいきゅうし)

 乳歯が脱落した後に生えてくる歯を永久歯と呼びます.ヒトは二生歯性なので永久歯の後には歯が生えてきません.永久歯は一生使わなければならない大切な歯です.

 永久歯は,上顎に14本,下顎に14本の28本があります.その他に,親知らずが上下左右に1本ずつの4本が加わる人もいます.

 永久歯は,6さいころから生えはじめ12歳から14歳ころに親知らずを除く全ての歯が生えそろいます.

 永久歯は中切歯,側切歯,犬歯,第1小臼歯,第2小臼歯,第1大臼歯,第2大臼歯に分類されます.

 乳中切歯は中切歯
 乳側切歯は側切歯
 乳犬歯は犬歯
 第1乳臼歯は第1小臼歯
 第2乳臼歯は第2小臼歯
に生え変わります.

 第2乳臼歯の後ろに第1大臼歯が萌出してきます(6歳ころ).

 12歳ころになると最後の永久歯,第2大臼歯が1番奥に生えて永久歯列の完成となります.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科