トップページ > 歯列矯正に必要な歯の名前(解剖学的名称) > 歯列矯正に必要な歯の名称:乳歯(にゅうし)

歯列矯正に必要な歯の名称:乳歯(にゅうし)

 はじめに生えてくる歯を乳歯(にゅうし)と呼びます.乳歯は,脱落歯とも呼ばれ上顎に10本,下顎に10本の計20本生えてきます.

 乳歯は生後半年前後から生えはじめ,2歳半前後に全ての歯が生えそろいます.しかし,歯の萌出開始から乳歯列の完成までは個人差が大きく,出生児より乳歯が生えている場合もあります.

 乳歯は,乳中切歯,乳側切歯,乳犬歯,第1乳臼歯,第2乳臼歯に分類されます.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科