トップページ > 歯列矯正に必要な歯の名前(解剖学的名称) > 歯列矯正に必要な歯の名称:歯髄(しずい)

歯列矯正に必要な歯の名称:歯髄(しずい)

 歯は非常に固い組織ですが,その内部は空洞になっていて歯髄(しずい)という軟組織で満たされています.歯髄は血管と神経を含んでいます.この歯髄で埋められている空洞を歯髄腔と呼びます.

 歯髄があることで,歯は食べ物の温度や虫歯による痛みを感じることが出来ます.歯髄を守る役割の歯の最外層のエナメル質が薄くなることで,歯髄は温度に敏感になったり,虫歯にかかりやすくなってしまいます.

 虫歯の原因菌や口腔内の雑菌が歯髄腔の一部に感染すると,歯髄全体を除去する必要があります.このような処置を「抜髄(ばつずい)」と呼びます.良く歯医者さんに「虫歯が大きいので神経をとりましょう」というのは,抜髄という処置です.

 抜髄をすると,歯の痛みはなくなるものの,歯の寿命は短くなってしまいます.ですから,虫歯になったとしてもできるだけ歯髄に達しないうちに予防しておくことが重要です.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科