トップページ > 歯列矯正のテクニック > 歯列矯正治療のテクニック:ストレートワイヤーテクニック

歯列矯正治療のテクニック:ストレートワイヤーテクニック

 現代の歯科矯正治療の主流は,エッジワイズテクニックを元にしたものです.このエッジワイズテクニックから,著名な矯正歯科医によって様々なテクニックが派生しました.

 ストレートワイヤーテクニックとは,エッジワイズから派生したテクニックの一つです.特徴は,ブラケットに歯の傾斜角度(アンギュレーション,トルク)や歯の頬舌的な厚みの平均値を組み込み治療の効率化を図ったテクニックであることです.

 エッジワイズテクニックが開発された当初,ブラケットにアンギュレーションやトルクなどは組み込まれていませんでした.また,アーチワイヤーも一本の真っすぐな針金から術者の手により,患者一人一人に合わせて曲げていました.

 しかし,ストレートワイヤーテクニックでは,平均値によって割り出されたアーチフォームを持つ既製のアーチワイヤーを,歯の傾斜角度などが組み込まれたブラケットに装着することで術者の手間を省くことを可能にしました.

 結果,従来のエッジワイズテクニックでは,患者さん一人当たりの診療時間に数十分かかっていたものが,ストレートワイヤーテクニックでは数分で治療を終えることが可能となり,1歯科医院当たりで見ることの出来る患者さんの数は倍増しました.

 一方で,歯の形態には非常に大きなばらつきがあることから,平均値から外れた症例に対する歯列矯正治療をストレートワイヤーテクニックで十分な結果を出すことが難しいという問題が残りました.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科