トップページ > 歯列矯正のテクニック > 歯列矯正治療のテクニック:舌側矯正・裏側矯正・リンガルテクニック

歯列矯正治療のテクニック:舌側矯正・裏側矯正・リンガルテクニック

 歯列矯正治療を行う際,ブラケットやバンド,アーチワイヤーを歯に装着しなければなりません.一般的なマルチブラケットテクニックでは,歯の外側(頬側)に装置を装着します.

 しかし,舌側矯正では歯の内側(舌側)に装置を装着し歯列矯正治療を行います.
 したがって,矯正装置がひと目に触れることなく,治療を進めていくことが可能です.

 一方で,歯の裏側に装着することで矯正歯科医による細かい調整ができないため,簡単なケースをそこそこにしか治すことは出来ません.また,歯の裏側に装置があるため,患者さんにとって舌の感覚が悪く,治療を開始したもののその異物感,痛みに耐えられず治療を断念する方が多くいらっしゃいます.

 また,歯の裏側に装置を装着することで,歯の磨き残しが多くなります.また,磨き残しによりむし歯が発生したとしても発見が遅れてしまうため,むし歯が重篤化することもしばしばあります.

 したがって,舌側矯正を行う場合には,かなりのリスクをふまえ,患者さんの自己責任で治療を行わなければなりません.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科