トップページ > 歯列矯正治療によるかみ合わせの治療 > 歯列矯正によるかみ合わせの治療:受け口の治療

歯列矯正によるかみ合わせの治療:受け口の治療

 理想的なかみ合わせの状態では,上顎の前歯が下顎前歯の唇側(前方)に位置します.これは,上顎の歯と下顎の歯の数は同じものの,歯一本一本のサイズは,上顎の方が大きいためです.

 理想的なかみ合わせに対して,上下顎の前歯の位置関係が逆になっているものを「受け口」「反対咬合」と呼びます.

 前歯の重要な役割として,ものを咬みきる,下顎の動きをガイドの2点があります.

 食事などの際,大きな食べ物を口の中に入れる際,食べ物を小さくする必要があります.上下顎の前歯は,上顎の前歯が下顎の前歯の外側に位置しハサミのような動きをすることで効率良く機能します.

 食事などのものを咬む際,,下顎は前方から見て僅かに楕円形の軌道を描きながら開閉口運動をしています.この下顎の楕円運動をスムーズに行わせるために前歯が重要な役割をしています.

 受け口では,これらの重要な前歯の機能が充分に果たすことが出来ません.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科