トップページ > 歯並びの異常分類:診断名 > 歯並びの異常:下顎前突(かがくぜんとつ)

歯並びの異常:下顎前突(かがくぜんとつ)

 理想的な噛み合わせでは,上顎歯列が下顎歯列の外側に位置します.ですから,上顎前歯は下顎前歯よりも前方に位置します.しかし,下顎前歯が上顎前歯に対して前方に位置する場合を下顎前突と呼びます.
 原因は,下顎前歯が唇側(前方)に傾斜している場合,上顎骨が大きく後方に位置している場合,下顎骨が前方に位置している場合などがあります.
 下顎骨が過成長した(大きく成長しすぎた)場合に,下顎前突症になるケースが一般的でした.このような場合,かつての歯列矯正治療ではチンキャップという装置で下顎骨の成長を抑制しようとしていましたが,効果が不確かであるため,現在使用する歯科医院は非常に少なくなっています.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科