トップページ > 歯並びの異常分類:診断名 > 歯並びの異常:偏位(へんい)

歯並びの異常:偏位(へんい)

 理想的な噛み合わせでは,上顎歯列と下顎歯列の真ん中の線(正中線)が一致します.この正中線が大きくズレている状態を偏位と呼びます.
 原因は,歯の大きさが左右で異なる場合,上顎骨がに対して下顎骨が側方(右か左)にズレている場合などがあります.
 歯列矯正治療で,全ての症例の正中線を完全に一致させることは不可能でしょう.これは,全ての人において,左右の歯が全くの左右対称形ではないため,上顎に対する下顎の偏位が僅かにあるためです.しかし,できる限り歯列正中線を一致させることでより安定した噛み合わせを獲得することが出来ます.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科