トップページ > 歯列矯正治療によるかみ合わせの治療 > 歯列矯正治療によるかみ合わせの治療:八重歯(やえば)の治療

歯列矯正治療によるかみ合わせの治療:八重歯(やえば)の治療

 八重歯とは,上顎の犬歯が本来生えてくるべき歯列弓の中ではなく,歯列弓の外側に生えてきてしまった状態です.矯正の専門的には叢生の一種で,上顎犬歯低位唇側転位と呼びます.
 原因は,上顎全体の歯が大きすぎて,歯が全て生えることが出来ないことです.その結果,最後に生えてきた犬歯が外側に飛びだしてしまい八重歯となるのです.
 八重歯である犬歯は,ほ乳類でいうところの牙で,非常に重要な歯です.しかし,八重歯の位置では本来の歯としての機能を果たすことは出来ません.その結果,虫歯や歯周病になることもあります.
 治療法は,原因である顎の大きさと歯の大きさのバランスを整えること,歯列矯正治療により歯を動かして犬歯の本来生えるべき位置に移動することで改善します.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科