トップページ > 歯並びの異常分類:診断名 > 歯並びの異常分類:反対咬合,交叉咬合

歯並びの異常分類:反対咬合,交叉咬合

 理想的な噛みあわせ,歯並びでは,上顎の歯列が下顎の歯列の外側に位置しています.
 したがって,上顎歯列に対して下顎歯列が外側に位置している状態は理想的な噛みあわせと反対の状態です.この噛み合わせが1歯から数歯まで反対の状態を,「反対咬合(はんたいこうごう)」「クロスバイト」と呼びます.

 広範囲で反対咬合の状態を「交叉咬合(こうさこうごう)」と呼びます.

 反対咬合が前歯部に認められる場合,前歯部反対咬合とよびます.また,側方歯(犬歯から大臼歯)までの数歯が反対咬合の状態を側方歯群交叉咬合と呼びます.この側方しぐん交叉咬合が片側にのみ起きている場合を,片側性交叉咬合(へんそくせいこうさこうごう),両側に起きている場合を両側性交叉咬合(りょうそくせいこうさこうごう)と呼びます.
 

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科