トップページ > 歯並びの異常分類:診断名 > 歯並びの異常分類:開咬(かいこう)

歯並びの異常分類:開咬(かいこう)

 かみ合わせは,上下の歯がきちんと接触している状態が理想的な状態です.本来,咬みあっていなければならない上下の歯が,数歯に渡りすき間が空いてしまっている状態を開咬(かいこう),開咬合(かいこうごう)と呼びます.一般的に用いられる“口を開ける”という意味の“開口(かいこう)”ではありません.

 開咬は,前歯部で認められるものを「前歯部開咬」,横の歯(犬歯から大臼歯)で開咬を認められるものを「側方歯部開咬」と呼びます.

 また,開咬が歯の傾斜などで引き起こされているものを「歯槽性の開咬」と呼びます.同様に,上顎骨,下顎骨の位置異常,形態異常により引き起こされている場合「骨格性の開咬」と呼びます.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科