トップページ > 歯並びの異常分類:診断名 > 歯並びの異常分類:捻転(ねんてん)

歯並びの異常分類:捻転(ねんてん)

 歯を咬む面から見たときに,歯がねじれている状態を捻転(ねんてん)と呼びます.咬む面からミタ時に歯は,キレイなアーチ型(放物線状)に並びます.アーチ型に並ぶことで,歯列はバランスが保たれ安定します.しかし,歯が捻転している場合,このアーチが崩れてしまうので歯並びの異常となってしまいます.

 捻転の原因として,第1に挙げられるものは,歯が生えるべき顎骨のすき間が小さく完全に並ぶことが出来なかった事によるものがもっとも大きいと考えられます.
 たとえるなら,電車の7人掛けの椅子に8人の人が何とか座ろうとすると,何人かは横を向いたり,斜めになったりしなくては全員座ることは出来ません.これを歯の捻転で考えると,7人掛けの椅子を歯が生えるべき顎の骨,何とか座ろうとする8人の一人一人が1本の歯と考えられます.

 捻転の原因として,第2に挙げられるものが先天的な異常です.生まれつき,歯が捻転してくる場合もあるのです.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科