トップページ > 歯並びの異常分類:診断名 > 歯並びの異常分類:歯の傾斜

歯並びの異常分類:歯の傾斜

 歯の傾斜の異常とは,理想的な歯の位置に対して歯が傾いている状態を示します.

 歯には,もの咬むたび(食事をするたび)に大きな力が加わります.歯は,歯根という歯の土台を顎の骨の中(歯槽骨)で支えているので,歯根の長軸方向に対しての力には強いものの,横方向の力には弱い構造をしています.

 たとえるなら,釘をトンカチで打ち付けるとき,真っすぐ釘を打つ事が出来れば釘は曲がらないものの,釘に対して斜め方向の力が加わると釘は曲がってしまいます.これを,歯を釘,咬む力をトンカチと考えていただければ良いと思います.

 すなわち,理想的な状態に対して歯が傾斜していることで,ものを咬むたびに歯を曲げる力が働いてしまっているのです.ですから,歯列矯正治療で歯並びを改善する際,歯の傾斜を考慮して治療を進めていかなくては歯列矯正治療後の歯並びの安定は望めなくなってしまいます.

 傾斜の方向は,歯のアーチ(歯列)接線方向に対して中心への傾斜を近心傾斜,中心とは反対方向への傾斜を遠心傾斜と呼びます.また,歯列接線方向に対して外側への傾斜を頬側傾斜,唇側傾斜,内側への傾斜を舌側傾斜と呼びます.


 

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科