トップページ > 歯列矯正開始前のX線写真(レントゲン写真)検査 > 歯列矯正治療開始前検査に用いるデジタルX線写真

歯列矯正治療開始前検査に用いるデジタルX線写真

 歯科矯正で用いる様々なX線写真もデジタルで撮影する事が可能です.

 X線写真は撮影する際に,放射線を放出し,体の硬い部分(骨や歯などの硬組織)をフィルムに焼き付ける写真撮影方法です.

 デジタルX線写真を用いる事で,この放射線を患者さんが受ける放射線の量(被曝量)を低減させる事が可能です.しかし,デジタルX線写真の撮影機や画像を管理するためのサーバーなどが必要な事から,全ての歯科医院で取り入れている訳ではありません.

 また,従来型のX線写真の方が細部に渡り精密に表示されるため,まだ開発途上のX線写真撮影法といえます.

 しかし,今後は多くの歯科医院で普及する事が予測されます.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科