トップページ > 歯列矯正治療の進め方(ながれ) > 歯列矯正治療のながれ:動的治療の終了・歯列矯正装置の撤去(リムーブ)

歯列矯正治療のながれ:動的治療の終了・歯列矯正装置の撤去(リムーブ)

 歯列矯正治療は,歯を動かす動的矯正治療と,動かした歯を安定させる保定治療期間に分かれます.

 歯並びがきれいに並び,「この状態なら安定するぞ」と担当の矯正歯科医師が判断すれば動的治療期間の終了です.動的治療期間が終了すれば,歯に装着していたブラケットやバンドを外すことが出来ます.これを,リムーブと呼びます.

 矯正装置は,もともと歯を動かすためだけのものですから,歯を目的の位置に動かした後はきれいに外さなくてはなりません.また,バンドやブラケットを歯に装着する際,セメントやボンディング材という接着剤を使用しています.装置を外した後に,接着剤をきれいに取り除きリムーブの完了です.

 リムーブ直後は,せっかく創った歯並びが以前のデコボコやすき間のある歯並びに戻ろうとします.そこで,リムーブの直後にリテーナーの使用を開始しなければなりません.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科