トップページ > キレイな歯並びを安定させる:保定 > 歯列矯正治療の後戻り防止装置:保定治療装置(固定式リテーナー)

歯列矯正治療の後戻り防止装置:保定治療装置(固定式リテーナー)

 保定治療をリテンションと呼びます.そして,保定治療に用いる装置をリテーナーと呼びます.

 リテーナーには,大きく分けて可撤式と固定式の二つのタイプがあります.

 固定式タイプリテーナーのメリットは,患者さんが取り外しが出来ないため歯科医師が装着した後の保定効果が確実になることです.また,可撤式装置に比べ装置自体の大きさが小さいため,装着している患者さんにとって違和感が少なくなります.一方デメリットとしては,取り外しが出来ないため可撤式装置に比べ歯が磨きにくくなることです.また,食事中などに外れてしまった場合,そのまま放置しておくと歯並びが悪くなってきてしまう場合があります.このような時は,速やかに矯正担当医に連絡し,修理(再接着)してもらわなければなりません.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科