トップページ > 歯列矯正に必要な歯の名前(解剖学的名称) > 歯列矯正に必要な歯の名称:歯根膜(しこんまく)

歯列矯正に必要な歯の名称:歯根膜(しこんまく)

 ヒトの歯は,上下の顎骨の中に植立しています.しかし,顎骨に対して直接歯が植立しているわけではありません.顎骨の内部にある歯根は,全周にわたり歯根膜(しこんまく)という靭帯に覆われています.これは,歯が色々な硬さのものを咬んだときの負担が顎に直接加わらないようにするクッションのようなものです.

 歯根膜は,クッションの働きだけでなく血管やリンパ管を豊富に持つことから歯に対する栄養供給源の役割もしています.

 歯列矯正治療では,ワイヤーなどの矯正力により,歯根膜に力を加えています.矯正力により,歯根膜周囲の組織は変化し,歯が移動するのです.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科