トップページ > キレイな歯並びを安定させる:保定 > 歯列矯正治療の後戻り防止装置:保定治療装置(可撤式リテーナー)

歯列矯正治療の後戻り防止装置:保定治療装置(可撤式リテーナー)

 保定治療をリテンションと呼びます.そして,保定治療に用いる装置をリテーナーと呼びます.

 リテーナーには,大きく分けて可撤式と固定式の二つのタイプがあります.

 可撤式タイプリテーナーのメリットは,取り外しが出来るために歯が磨きやすく,むし歯になりにくいことが挙げられます.一方デメリットとしては,取り外しを患者さんにお任せするために,患者さんが使っていただけなければ,十分な保定効果を得られないことです.また,可撤式装置の方が装置自体の大きさが大きくなることから装着感が悪く,患者さんが装置になれるまで時間がかかるようです.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科