トップページ > 歯列矯正に必要な筋肉や軟組織の名前 > 歯列矯正に必要な軟組織の名前:舌(ぜつ)

歯列矯正に必要な軟組織の名前:舌(ぜつ)

 皆さんがベロやシタと呼ぶ舌を,専門的には「ぜつ」と呼びます.

 歯列矯正では,歯を動かして歯ならびをきれいにするのですが,歯を動かす際に舌との位置関係を考慮しながら動かさなければ,歯を思い通りに動かす事が出来ません.

 また,舌には舌乳頭(ぜつにゅうとう)と呼ばれる,デコボコがあります.この舌乳頭により,食べものの「甘い」「辛い」「苦い」「すっぱい」「しょっぱい」という味や,温度を感じる事が出来るのです.

 また歯列の内側を舌側(ぜっそく)と呼びます.これは,歯列の内側に舌がある事からです.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科