トップページ > 歯列矯正に必要な歯の名前(解剖学的名称) > 歯列矯正に必要な歯の名称:象牙質(そうげしつ)

歯列矯正に必要な歯の名称:象牙質(そうげしつ)

 歯はエナメル質という硬い組織で,内部の神経や血管を覆っています.神経や血管の詰まった歯髄とエナメル質の間に存在するのが,象牙質(ぞうげしつ)と呼ばれる部分です.

 象牙質はエナメル質に比べ,非常に柔らかく,象牙細管(ぞうげさいかん)という細い管で歯髄とつながっています.そこで,虫歯の原因である細菌がエナメル質を越え,象牙質までたどり着くと虫歯は急速に進行してしまいます.

 歯列矯正治療では,象牙質が露出している歯に直接ブラケットなどの矯正装置を装着する事はありません.また,歯列矯正治療中は歯みがきが難しく,虫歯の管理を怠ると虫歯が急速に進んでしまう事があります.そこで,歯列矯正治療前に充分な検査を行ない,象牙質に達するような虫歯が無いか確認する必要があります.もし,象牙質に到達するような深い虫歯を認めた場合,歯列矯正治療前に虫歯の治療を行なわなくてはなりません.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科