トップページ > 歯列矯正に必要な歯の名前(解剖学的名称) > 歯列矯正に必要な歯の名称:歯槽骨(しそうこつ)

歯列矯正に必要な歯の名称:歯槽骨(しそうこつ)

 歯を支える骨を歯槽骨(しそうこつ)と呼びます.歯槽骨の中に,歯の土台である歯根(しこん)がしっかり埋まっていることで,歯はグラグラしたりすることなく,固いものを咬んだりすることが出来るのです.

 歯槽骨をつくっている細胞はは,歯根の回りの細胞と親戚のような関係にあるため,歯根が移動すると歯槽骨も一緒に動いてきます.ですから,歯列矯正により歯根を動かしても,歯槽骨から歯根が飛び出るということが無いのです.しかし,歯根に対する矯正力(歯を動かす力)が大きくなりすぎたり,急激すぎると歯槽骨の細胞変化が間に合わず,歯槽骨から歯根が飛び出してしまうことがあります.しかも,一度歯槽骨から飛び出した歯根は元の状態に戻すことが出来ません.ですから,歯列矯正では慎重に歯を動かしていかなくてはならないのです.

 また,歯槽骨は歯周病により吸収されます.歯槽骨が吸収されると,歯を動かすための土台が無くなってしまうので歯列矯正治療が出来なくなってしまいます.したがって,歯列矯正治療中に歯周病をコントロールし歯槽骨を健全な状態に保つことが重要です.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科