トップページ > 歯列矯正に用いる装置の名前 > 歯列矯正装置:バンド

歯列矯正装置:バンド

 歯列矯正治療では,並べるべき歯列に合わせ作成されたアーチワイヤーのたわみを利用し歯を動かしていきます.このアーチワイヤーの力を歯に伝えるのがバンドです.

 バンドには,チューブやブラケットを溶接(金属を溶かして金属同士をくっつけること)し,歯に装着します.チューブやブラケットを通して,バンドにアーチワイヤーからの矯正力が伝えられます.歯列矯正治療が,日本に導入された当時は,全ての歯にバンドが装着され,歯列矯正治療は進められました.そのため,矯正装置は歯全体に装着され審美的にも良いと言える装置ではありませんでした.しかし,現在ではバンドを使うのは奥歯だけで,前歯にバンドを装着することは殆どありません.現在でも,奥歯にバンドを装着するのは,奥歯に矯正治療中大きな力が加わるため,バンドでなければ装置が頻繁に壊れてしまうからです.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科