トップページ > 歯列矯正治療の進め方(ながれ) > 歯列矯正治療のながれ:バンディング(バンドの装着)

歯列矯正治療のながれ:バンディング(バンドの装着)

 奥歯(大臼歯)は,歯列矯正治療中に特に大きな力がかかります.特に,大臼歯では噛むたびに強い力が加わるため,歯列矯正治療を行う数年の間に装置が壊れてしまうことがあります.そこで,奥歯にはバンドという金属のベルトの様な装置を装着します.バンドを奥歯に装着することをバンディングと呼びます.

 バンドは,歯肉周囲に汚れがたまりやすくなるため,歯周病の患者さんでは歯肉の状態を確認しながらバンドを装着します.また,バンドに適さないと判断された場合,ボンディングで装置を装着する場合もあります.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科