トップページ > 歯列矯正治療の進め方(ながれ) > 歯列矯正治療のながれ:キャナインリトラクション(犬歯の移動)

歯列矯正治療のながれ:キャナインリトラクション(犬歯の移動)

 犬歯は,歯並びを創るうえで大黒柱のように重要な歯です.この犬歯の位置をコントロールするのがキャナインリトラクションです.キャナインとは“犬歯”を,リトラクションとは“牽引,後退”を意味します.

 犬歯の移動には,パワーチェーンという透明なゴムを使う場合や,コイルスプリングという金属のばねを使う場合があります.犬歯の移動には,固定源として前歯や大臼歯を利用します.犬歯の移動に伴う,反作用で前歯や大臼歯が予想外の位置に動いてしまわないようにコントロールすることが重要です.

 犬歯の遠心移動に用いる,パワーチェーンやコイルスプリングと歯や歯肉の間には食べかすが溜まりやすくなります.キャナインリトラクションでは,これらの装置周囲を歯ブラシの毛先やタフトブラシにより良く磨くことが重要です.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科