トップページ > 歯列矯正治療の進め方(ながれ) > 歯列矯正治療のながれ:アンテリアリトラクション(前歯の後退,すき間の閉鎖)

歯列矯正治療のながれ:アンテリアリトラクション(前歯の後退,すき間の閉鎖)

 キャナインリトラクションで,歯並びの大黒柱“犬歯”の位置決めを行いました.次に,その犬歯及び大臼歯の位置に合わせて前歯を後退させます.そして,全体のすき間を閉じていきます.

 アンテリアとは,前歯のことを意味し,リトラクションとは移動を意味します.

 アンテリアリトラクションでは,前歯を移動させる(後退させる)際の固定源(アンカレッジ)にその奥にある奥歯,大臼歯を用います.その際の,反作用として大臼歯が前方へ移動してしまうことがあります.この反作用を,抑制するためにヘッドギアや口腔内ゴム(顎間ゴム)などを使用します.また,その他の反作用として,前歯が内側に傾きやすいという反作用が起きます.上顎の前歯が内側に傾きすぎることで,かみ合わせが深くなってしまう場合があります.また,下顎の前歯が内側に傾きすぎることで,上顎前歯と下顎前歯のすき間が広くなってしまうことがあります.このような反作用を予測し,コントロールしながら治療を進めることが非常に重要となります.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科