トップページ > 歯列矯正開始前のX線写真(レントゲン写真)検査 > 歯列矯正治療開始前検査に用いるCTによる検査

歯列矯正治療開始前検査に用いるCTによる検査

X線写真には,単純X線写真と断層X線写真があります.

単純X線写真では,放射線を一度に照射して撮影します.一方,断層X線写真では放射線のでる量を制限し部分的な撮影を,広範囲に連続して撮影します.

 この断層X線写真画像をデジタル化したものが,CT(computed tomogrphy)と呼ばれるものです.CTを用いることにより,頭部の横断面画像を見ることが可能になります.歯列矯正治療におけるCT検査の利用では,顎の骨に埋まっている歯や歯根の位置関係を3次元的に把握する事が可能となります.

虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・
 

Copyright © 2005 歯列矯正専門医が解説!歯列矯正専門用語. All rights reserved
東京 矯正歯科